読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松尾形成外科・眼瞼クリニック スタッフブログ

静岡県浜松市にある松尾形成外科・眼瞼クリニックのスタッフブログです。

◆2016.8.23. 手筒花火

日記

8/20(土)・8/21(日)西美薗にある諏訪神社のお祭りがありました。

150年以上もの伝統があるそうです。8/20(土)の宵祭りに、

松尾形成外科眼瞼クリニック開業祝いとして諏訪神社に手筒花火を奉納いたしました。

手筒花火というのは、文字通り「手」で「筒」を持って打ち上げる「花火」です。

手筒は、直径20cm長さ65cmぐらいです。丸太のようです。

 

西美薗では打ち上げる場所が狭いので数本ずつ順番に打ち上げます。

場所は、諏訪神社近くの空き地です。

毎年新しい住宅が建ち、空き地はどんどん狭くなるのだそうです。

 

はじまります。

薄暗い中、手筒を抱え、強そうな(暗くてよく見えませんが)男性が登場なさいます。

鍛えた足(よく見えませんが笑)を踏ん張り、手筒を抱えて、点火。

シャーーという音とともに花火が吹き上がります。歓声「ワー」。

高さは10m以上はあるでしょうか。

真近で見ておりますので火の粉がきれいです。

火の粉は、空き地に、光を放つ雨のように降っていきます。

 

吹き上がる花火に感動しながらも、

飛び散る火の粉の行方が心配です。火の玉ですから。ハラハラ。

(火傷しませんように…)

風向きによって、火の粉はシャワーのように手筒男性めがけて集まります。ザワザワ。

(今、院長ここにいます、もし何かあったら、一緒にクリニックいきましょう…)

f:id:matsuo-eyelid:20160830160449p:plain

火の粉をかぶっても、男性、動きません。

(ああよかった、とりあえず無事でした)

10秒もないでしょうが、長い時間です。

吹き上がる花火が急に高さを失うと、

「ズドン!」と大きな音がして男性の足元に白い煙幕が広がり、

花火が終わりだとわかります。

男性は手筒を抱えて退場なさいます。

拍手!!!!

1月に開院し、おかげさまで7ヶ月が過ぎました。

これから一年またよろしくお願い致します。(Y)

 f:id:matsuo-eyelid:20160830160613p:plain

打ち上げたあとの手筒をいただきました

f:id:matsuo-eyelid:20160830160704p:plain

中央に火薬が。黒いのはすす。